ページコンテンツへ

ARBM 回転曲げ試験機

ダウンロード
産業
  • 金属
試験荷重
  • 120 Nm
試験タイプ
  • 回転曲げ疲労試験
規格
  • DIN 50113
  • ISO 1143

回転バー曲げ疲労試験のパーフェクトなマシーン

回転曲げ試験機は、鉄道輸送、エネルギー、自動車、航空宇宙、学界など、さまざまな産業での回転棒曲げ疲労試験に使用できます。

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

説明
アドバンテージ

説明

回転バー曲げ疲労試験(DIN 50113-1982及びISO 1143-2010に準拠)の目的は、回転荷重下で丸棒試験片の曲げ疲労強度特性を決定することです。曲げ疲労強度の測定中、等しい大きさの正と負の荷重の間でゼロの平均値を取得するために、試験片は排他的に交互の荷重を受けます。

試験片の表面に最大の応力が発生するため、この試験方法では表面の状態が特に重要です。

回転棒曲げ疲労試験は、オプションでの加熱炉を使用して、850°Cまでの高温で実行することもできます。

アドバンテージ

  • 迅速で簡単なセットアップ
  • ウエイトによる様々な曲げモーメント調整
  • 試験片全長にわたる均一な曲げモーメント
  • ステップレスで調整可能な回転スピード
  • セルフセンタリング試験片クランピング;高アラインメント精度
  • 機械指令 89/392/EEC and 91/368/EECに準拠したシステムの安全性

テクニカルオーバービュー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:回転曲げ試験機 PDF 2 MB
  • プロダクトパンフレット:動的 PDF 5 MB
Top