ページコンテンツへ

ドライブトレインの試験

パワーが伝達されるケースでは、関連する全ての材料、部材の信頼性を担保する必要があります。ツビックローエルは50年以上にわたりエンジンやドライブコンポーネントの試験に携わっています。初期の頃は部材へ負荷をかけるだけの単純な試験が体勢を占めていましたが、今日では極めて特定された特性値を測定、書類として残さなければならず、加えて高速下、トルクや高温状態での試験が主流になっています。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:自動車 PDF 4 MB

クラッチの試験

コンタクト力や変位に加え、リリース力や変位の特性値曲線が摩擦クラッチの品質管理と研究開発両方で重要となっています。また、クラッチプレッシャープレートのリリースストロークやプレッシャープレートとクラッチプレートの平衡性も重要な測定です。リリース/コンタクト力、変位の測定は快適な運転ばかりではなく安全なクラッチトルク伝達の側面からも重要です。リリース試験ではダイヤフラムスプリングの内径に対して圧縮ダイを押し付け、その時の荷重/変位を測定します。コンタクト試験ではクラッチプレッシャープレートに対して圧縮ダイを押し付け、その時のクラッチプレッシャープレートとクラッチカバー間のダイヤフラムスプリングのバネ特性を測定しています。これらの試験は様々な条件下で行われます。

クラッチディスクの軸及び捻り試験

乾式摩擦クラッチは走行時の滑らかな動力の伝達やトルクフローの遮断にも使われます。従って軸方向の特性値に加え、トルクの特性値も極めて重要となります。

  • ゼロ点通過(負荷、無負荷時の回転角度の平均値)
  • ダンパー特性値(角度あるいはトルク制御)
  • パーシャル曲線(摩擦係数の測定用)
  • ドラッグトルク(クラッチリリース時の最小許容トルク)

トルク特性値測定に加え、以下の軸方向の特性値も測定:クッションスプリング(クラッチ間のスプリングの荷重/変位カーブ)、非平衡性(予荷重時の非平衡性測定)、そしてクラッチプレートの厚み(予荷重時のプレート厚みの測定)等

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top