ページコンテンツへ

安全部材の試験

機能性を兼ね備えた安全性:自動車の内装は乗員のためだけではなく緊急時の安全を担保するための機能も備えている必要があります。外側の剛性と内側のパネルの成形性を通して乗客を保護します。内装は能動的、受動的な側面からの安全デバイス用のスペースが備えられ、素早く正確に、安全に運転時の様々な情報伝達により多くのサポートシステムも備えられています。これらの試験はもっとも高い安全性の追求、乗車している方々の快適性、さらには長期間かつ極端に寒い環境や砂漠のような環境温度でも同じ機能が求められます。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:自動車 PDF 4 MB

安全ベルトの試験

シートベルトはもっとも重要な乗務員を守る役割を果たして来ています。これは様々な厳しい規制に沿っていなければなりません。試験はUN/ECE-R16と呼ばれる規制に詳細に規定されています。ベルトに対する様々な試験条件(場所、湿度、温度、光、ドライブ等)に加え、試験は大変厳格な仕様に応じた試験機を使用することが求められています。破断時の最大荷重はもちろんの事、負荷時の横荷重のような測定結果も計算されています。ツビックローエル試験システムは生産されたシートベルトの強度評価にも使用されています (シートベルトロック有り無し)。

エアーバック用布地の試験

エアーバックは自動車の安全性においては重要な役割を果たしており、今では乗員が乗るエリアには複数装備されています。エアバックの素材となる繊維を試験する事に加え、つなぎ目や接着剤なども引張試験の対象となります。センサーテクノロジー、スイッチに加えカバーパネルが開くポイントの試験なども行っています。

エアーバックコネクターの試験

エアーバックは自動車の中で最も重要な安全装備の1つです。エアーバックは緊急時に正確に駆動する事が極めて重要です。現在では、1台の車には8から12のエアーバックが装備されており、コネクターが安全にラッチされ、電気の配線が正確になされいなければなりません。コネクターシステムのリーディングサプライヤーであるDelphi Connection Systems Deutschland GmbHはコネクターの機械的・電気的を検証するために様々な試験を行っています。

エアバックコネクターはラッチされる時に特徴的なノイズ(音によるフィードバック)を出します。しかし、これだけでは電気的なコンタクトがされている事を確認するには不十分です。このため、この会社では機械、電気、そしてオプティカルな試験を複合して行っています。ツビックローエルの AllroundLine 試験装置を使いコネクションの試験が行われています。AllroundLine は高度な試験ソリューションのために開発され、柔軟なオプションによる拡張性が特徴です。コネクティングの際に、testControl II にインストールされたPCIe カードが時間と同期した電流の測定を行い、電気接続の有無をグラフィカルに確認する事が出来ます。

同時にラッチングの瞬間もオプティカルに記録されています。加えて、コネクターの重要な部材であるスプリングやクランプもまた、違った2つの角度から撮影されます。ツビックローエルのマルチキャプチャー機能はこのようなソリューション向けに開発され、2つの違う角度からのビデオと測定結果を同期させています。必要に応じ、カメラは4台まで増やす事も可能です。全てのデータはtestControl II 測定、制御テクノロジーでプロセスされています。testControl II はスイッチのコンタクトのモニタリング用に高データ取得レートと多くの空きスロットによって最大限のモジュラティーを提供しています。

シーリングセンサーの試験

ウインドウ及びドアシール試験システム

この試験システムはアンチピンチシステムが搭載されたウインドウやドアの試験を行います。アンチピンチシステムはある荷重がシールに加えられた(指や頭部が挟まれるケース)場合にウインドウやサンルーフモーターを停止させます。このシステムでは安全システムがどの荷重でこの電気信号が起動するのかを測定しています。電気信号は試験中にリアルタイムで計測・表示されます。このシステムはまた試験体の識別用のバーコードリーダー及び複数の荷重を加えるため横置きぴ時ションユニットも搭載可能です。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top