ページコンテンツへ

シートやインテリアコンポーネントの試験

機能性を兼ね備えた安全性:自動車のインテリアは乗員のためだけではなく緊急時の安全を担保するための機能も備えている必要があります。外側の剛性と内側のパネルの成形性を通して乗客を保護します。内装は能動的、受動的な側面からの安全デバイス用のスペースが備えられ、素早く正確に、安全に運転時の様々な情報伝達により多くのサポートシステムも備えられています。これらの試験はもっとも高い安全性の追求、乗車している方々の快適性、さらには長期間かつ極端に寒い環境や砂漠のような環境温度でも同じ機能が求められます。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:自動車 PDF 4 MB

シート試験

自動車はより個性的(個々人の嗜好が前面に出てきている)になっているため、内装のデザインはより重要性を増し、内装部品の材料開発が加速される事が予想されます。そこでは様々な材料が使用されます;例えば繊維、金属プラスチック、さらには革や木材といった自然素材も重要度を増しています。見た目やデザイン性もさることながら、シートのデザインは”座り心地”もますます重要となっています。その一方、強度・剛性といった材料や部材の特性値も同時に重要な役割を果たしています。

ここで示されてる試験システムは自動車用シートの品質の測定用です。負荷を受けるテーブルは負荷を受ける役割と同時に試験シートのされるY軸方向の位置決めの役割もしています。X軸上に配置されたロードセルによりシート表面全てのエリアの試験軸に沿った剛性を測定しています。この試験システムはシートに装着されているセンサーマットやエアーバグ起動等の自動セッティングの制御などもに使用されています。

シートの動的試験

2軸の油圧サーボ試験機では自動車用シートの疲労特性を測定しています。高さ調整可能なフレーム、可動式アクチュエーター、水平スライドタイプ、シートマウント、そしてT溝テーブルが特徴です。スライディングテーブル、フレキシブルなプレッシャーピースマウントが同時に縦横のアクセル力をシュミレートします。また、この試験システムは他の複雑な部材の評価用にも使用可能です。 

フォームの試験

押込み硬さがシート表面、硬さ、サイドブロスター測定では一般的です。典型的には、試験ダイが四角い形状の試験片に圧力を加えます。フォームパーツの測定には、様々な形状のダイが使用されています。

ビデオ:軟質弾性フォームの繰返し圧縮試験

cLine材料試験機は特にコンポーネント試験や柔らかなスポンジ材の試験に適しています。

ヘッドレストの試験

緊急時などは、ヘッドレストは後部から頭部へ来る激しい衝撃を吸収する役割を果たします。ヘッドレストは常に頭部に激しい負荷がかからない様に出来るだけ小さなエネルギーを蓄える必要があります。こういった特性はヘッドレストが車の中で使用されている間は常にその機能を保っている必要があります。ツビックのエレクトロメカニカルアクチュエーターは自動車のヘッドレストの剛性や耐用年数の測定に理想的な装置です。 

センターアームレスト

センターアームレスト試験は内装品の試験の中では重要なポジションを占めています。最初の試験はまずレストそのものが荷重に耐えられるか、例えばドライバーの重量のシュミレートのために特に肘の部分に荷重をかけたり、様々なレストにも負荷をかけています。ここでも、荷重/変位しく低が快適性を追及するために重要な測定ファクターとなります。 

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top