ページコンテンツへ

プラスチックの材料特性

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

プロダクトの材料特性の試験

  • 最終製品または半製品の製造中、プロセスされたポリマーはさまざまな機械的、熱的、化学的負荷を受け、通常、ポリマー鎖とフィラーの配向を形成します。したがって、ポリマーの機械的特性は、コンポーネントのさまざまなポイントで異なります。
  • 射出成形、押し出し、または圧縮成形によって製造された最終製品の材料特性を比較するために、試験片のサンプリングプランが決められています。このサンプリングプランは、最終製品の成形プロセスに基づいており、試験片のサンプリングの数、形式、サイズ、および方向を定義しています。
  • 適切なコンディショニングの後、採取された試験片は、成形材料でも使用されている試験規格 または製品仕様にある特定の情報に対して試験されます。
  • 毎日の生産ラインから定期的に試験片をサンプリングすることにより、特定の材料特性が1つの製品で事前に定義された許容範囲内で、より長い生産期間にわたって一定に保たれます。
  • ツビックローエルは、引張試験、曲げ試験、圧縮試験用の信頼性の高い万能試験機と伸び計、および振り子衝撃試験機、硬度試験機、押出プラストメーター、およびHDT / Vicat試験機器を手動または完全自動化システムとして提供します。したがって、試験結果の統計的ばらつきは大幅に減少します。

引張試験

ISO 527 -1, ISO 527 -2, ASTM D638
プラスチック成形コンパウンドの引張試験:ISO 527-1/-2 及び ASTM D638:引張応力、ひずみ、引張弾性率、降伏点、破断点、ポアソン比の測定が試験と必要な製品ポートフォリオの目的です。
行先 引張試験

衝撃試験

とりわけ、ISO 179、 ASTM D6110、 ISO 180、 ASTM D256
衝撃試験は、より速い変形速度での材料の挙動を決定するために使用されます。ここでは、とりわけ、シャルピー試験(ISO 179-1)、計装化シャルピー試験(ISO 179-2)、アイゾット試験(ISO 180)、引張衝撃試験(ISO 8256)、パンクチャ―試験(ISO 6603-2)に関する情報が用意されています。
行先 衝撃試験

3点曲げ試験

ISO 178
ISO 178 及び ASTM D790に記載の3点曲げ試験は硬化、半硬化プラスチックのクラシックな特性値を求める試験方法です。典型的な試験結果には、曲げ弾性率、3.5%伸びでの応力、降伏点および試験片破断時の応力と伸びが含まれます。
行先 3点曲げ試験

メルトフローインデックス試験

ISO 1133
ISO 1133-1及び-2、ASTM D1238、その他の類似した規格に準拠した充填、非充填の熱可塑性プラスチックのメルトマスフローレート(MFR)およびメルトボリュームフローレート(MVR)の決定。
行先 メルトフローインデックス試験

HDT VSTの決定

とりわけ、ISO 306、 ASTM D1525、 ISO 75、 ASTM D648
ISO 306、ASTM D1525、ISO 75、ASTM D648の熱たわみ温度(HDT)とVCAT軟化温度の決定
行先 HDT VSTの決定

硬さ試験

ISO 7619-1, ISO 868, ASTM D2240, ISO 2039-1/-2, ASTM D785, ISO 19278
プラスチック業界には硬さ試験するために使用されるさまざまな方法があります。以下のメソッドを紹介します:ボール押し込み硬さ:ISO 2039-1、ロックウエル硬さ:ISO 2039-2、ASTM D785、計装化硬さ試験:ISO 14577-1、ショア硬さ:ISO 868, ASTM D2240, ISO 7619
行先 硬さ試験

クリープ試験

ISO 899-1, ISO 899-2, ASTM D2990, ISO 16770
クリープ試験:クリープは多くの場合、1,000時間にわたって実行されます; 試験片のひずみを記録して、長期的な挙動実測します
行先 クリープ試験

全自動

プラスチックの成形材料試験の自動化は試験結果の統計的なバラツキを減少させます。ツビックローエルはこのアプリケーションに正しい自動試験システムを提供しています。
行先 全自動

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

Top