ページコンテンツへ

シリンジシステムの連続/複数試験

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:医療 PDF 6 MB

複数のシリンジ試験片のグライド力を同時に測定

例としては、シリンジドライバーで使われるシリンジです。この場合、シリンジプランジャーを外筒の長さに応じて押込んでいきます。この試験時間を短くするために、試験機をアップグレードし、6-8の試験軸を配置し、それぞれの軸にロードセルをつけます。これによって一度に複数のシリンジの荷重データを計測出来ます。 

この冶具によってAllroundLine テーブルトップ試験機の試験軸を 6から8まで増やし、対応する軸毎にロードセルを装着して試験を行う事ができます。研究開発でも、生産の現場でも両方で使用されており、シリンジプランジャーとバレルやバレル内のシーリングリング間の様々な摩擦力を測定します。シリンジを固定するホルダーは様々なサイズにシリンジに対応しており、流れ出る薬液を受け止めるコンテナーも2つまで使用出来ます。この冶具はカートリッジの摩擦力の測定にも転用可能です。一連の力の測定は高さ調整が出来るため同期されます。

シリンジの連続試験

短時間で多くのシリンジを試験しなければならない場合、カルーセルを装備した材料試験機を使用する事が可能です。多数の試験片をマガジンを介して機械に供給し、次々に自動的に試験することができます。試験に対するオペレーターの影響が軽減され、MSA/ゲージのR&R研究の安定性が向上します。 

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

FDA 21 CFR Part 11に適ったトレーサビリティー、改ざん防止の試験結果

トレーサブルで改ざんされていない試験結果
  • ソフトウェアには医薬品業界で近年重要の高まりを見せるドキュメンテーションのトレーサビリティーの機能が盛り込まれています。
  • トレーサビリティーオプションでは、testXpert III は全てのアクション、試験前、試験中、試験後の変更、をログデータとして残し、試験結果やドキュメンテーションをトレーサブルにしていますので、改ざんなどの行為から全てを保護します。
  • 電子記録や電子署名などの機能を備えたユーザーマネージメントは試験結果の改ざんを防止します。
  • 個々のお客様の企業内部における徹底したプロセス管理とあいまって、このソフトウェア機能はFDAの21CFRパート11の要求を全て満たしたツールとして活用いただけます。
  • ツビックローエルはさらにバリデーションの一環である(DQ/IQ/OQ)のサービスパッケージも提供しています。
  • testXpert III はすべての試験、アクション、設定のデータログを記録、したがっていつでも質問には答えることが出来ます、”いつ、だれが、何を、なぜ、そして誰の責任で?” 

testXpert IIIオプション
トレーサビリティに関してもっと詳しく

Top