ページコンテンツへ

ファスナーの試験

フックやアイレットなどのファスナー、ボルトやリベットは、荷重がかかった状態で分離してはならないコンポーネントや金属シートやセクションを結合するために使用されます。締結部材の技術は一般的に溶接などのテクノロジーも含まれます。関連する規格は DIN EN ISO 9015-1及び-2に加えDIN EN ISO 14271DIN ISO 22826になります。 

名前 タイプ サイズ ダウンロード

せん断試験

締結部材には引張り荷重に加え、せん断荷重も使用方法によっては加えられます。したがって、この部材、特にリベット、に対するせん断試験は重要です。せん断力や変形結果以外の意図していない他の力の作用を防ぐ意味で正確な荷重コントロールが重要になってきます。ツビックローエルは締結部材に関して、その試験片あるいは部材そのものグリッピングや試験仕様の詰めをユーザーの方々と開発してきており、経験豊富です。これら試験デバイスは簡単なものから複雑なものまでありますが、どれもその使用用途に応じた正しいソリューションを提供しています。

疲労試験

締結材には、静的な荷重だけではなく、振動を含む、繰り返しの荷重を頻繁に受けます。疲労試験は、バイブロフォアで最も迅速かつ効率的に実行されます、バイブロフォアは、特殊なグリップを使用すると、最大約1000kNのの繰り返し荷重、約285Hzの周波数を加えることができます。 電磁による駆動システムで試験片に共振振動を与える原理のため、試験中の電力消費は少なく、大変低コストで試験を行えます。

H形試験片では、個々のジョイントは一般的な引張、圧縮の繰り返し荷重を、また継ぎ手部にはせん断荷重を受けます。この試験のH形試験片グリップは当初試験片の全体に対して力が加えられます。次に、曲げモーメントと、その結果としての構造自体の応力減少を伸び計が計測します。疲労試験機このケースもバイブロフォア – が、試験コンディションに応じて、適切な荷重、歪み制御を行います。

締結部材向けその他の試験

  • 曲げ、圧縮試験
  • 捻り試験
  • 硬さ試験
  • クリープ試験
  • 落重試験機

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top