ページコンテンツへ

紙及びダンボール用試験冶具

紙&ダンボール業界の多くの重要な規格に対応する特別な試験ツールを開発しました。ここでは次の試験に関して説明します:圧縮/圧縮破砕試験、破裂強度の測定、パンクチャ―試験、曲げ試験、摩擦試験など。 

ショートスパン圧縮強度向け試験デバイス

アプリケーション: 

  • ISO 9895, TAPPI T826及びDIN 54518に準拠した、紙および厚紙(100 ~400 g/m²)のシートレベルでのショートスパン圧縮強度を測定する試験

機能の説明: 

  • 試験デバイスは、紙と段ボールの短スパン圧縮強度を決定するために使用されます。このデバイスは2つの空圧クランプユニットから構成されています。これらは、2つの精密ガイドによって相互に接続されています。
  • 試験片のガイド要素の力の作用線とロードセルの対称線は1つの平面にあります。横方向の力や曲げモーメントなしでエンドローディングを可能にします。

アドバンテージ: 

  • 破裂圧力計および材料試験機と組み合わせて使用:特に段ボールベースの紙を試験する場合、非常に機能的で費用効果が高い。
  • 高価な個別のソリューションではなく、試験機用の費用効果の高いアクセサリ。
  • 厚紙グレードでも優れた再現性を実現する精密ガイドを備えた頑丈な構造。
  • 1つの平面内のガイドと力の作用線;試験片の荷重は対称的で曲げモーメントがないため、SCT値に対して最高品質の結果が得られます。
  • CAQシステムへの準備されたデータインターフェイスを備えたツビックローエル試験プログラムは、迅速なデータ統合を保証します。
  • 精密な垂直および水平ガイダンスを特徴とするペアのチャック歯。
  • 空圧による締付
  • PC制御によるオペレーションのみ可能

リングクラッシュ試験冶具(RCT)

  • アプリケーション:ISO 53134、ISO 12192及びTAPPI T 822準拠の試験
  • 機能の説明:リングクラッシュ試験デバイス(RCT)は、ベースプレート(下部)と9枚のディスク(上部)で構成されています。ベースプレートには接線方向の挿入スロットがあります。

    試験片は、ベースプレートのリングと挿入されたディスクの間の空きギャップに押し込まれます。

圧縮試験デバイス(FCT、ECT)

アプリケーション: 

  • ISO 3035、EN 23035、およびTAPPI T825に準拠した片面および片面段ボールのフラットクラッシュ耐性(FCT)の測定
  • DIN EN ISO 3037およびTAPPI T 811に準拠した実験用段ボールのエッジクラッシュ耐性(ECT)の測定
  • DIN EN ISO 7263およびTAPPI T 809に準拠したCMT試験による実験用段ボールのフラットクラッシュ耐性の測定
  • DIN 53134、ISO 12192およびTAPPI T 822(リングクラッシュ試験デバイス、アイテム番号316243が必要)に対する紙およびボードのリングクラッシュ耐性(RCT)の決定

機能の説明: 

  • 圧縮試験キットは、ガイドブロックを備えた下部および上部の圧縮プレートで構成されています。試験材料は、これらの圧縮プレートの間に配置され、圧縮されます。

破裂強度の計測

アプリケーション: 

  • ISO 2758に準拠した紙の試験(Item No. 057817)
  • DIN 53141 Part1およびISO 2759に準拠した段ボールおよび紙の破裂強度の決定(Item No. 057819)

機能の説明: 

  • 油圧アクチュエーターで圧を生成。これは試験機へマウントされています。クロスヘッドスピードを変えることでボリュームフローはステップレスで調整出来ます。油圧アクチュエータは、高圧ホースを介して破裂デバイスに接続されています。圧力は、ひずみゲージセンサーを使用して電子的に測定されます。
  • 空圧アクチュエーターが破裂デバイスに組み込まれています。これは、圧縮プラテンと圧力チャンバーの間に試験片をクランプするために使用されます。試験中、移動するクロスヘッドが油圧アクチュエータを押し、それによって大量の液体が圧力室に押し込まれます。その結果、圧力が上昇すると、ゴム膜がアーチ状になります。次に、ゴム膜が試験片を壊すまで押し付けます。

パンクチャ―試験

アプリケーション: 

  • DIN 53142-2準拠の試験

機能の説明: 

  • パンクチャ治具は、パンクチャボディを貫通するときにグリップされた試験片が示す抵抗を決定するために使用されます。

アドバンテージ: 

  • 試験片の厚さに応じたスプリング力(下記参照)によるクランプ。
  • ロードセルによる力の測定

ティッシュ製品用ボールパンクチャ―試験冶具

アプリケーション: 

  • EN ISO 12625-9に準拠した試験

機能の説明: 

  • ボールパンクチャ試験デバイスは、パンクチャボディを貫通するときにグリップされた試験片が示す抵抗を決定するために使用されます。

アドバンテージ: 

  • スプリング力によるクランピングは素早く、オペレーターエラーを防いでくれます。
  • 力-変位は曲線として示され、ティッシュ製品の延性に関するデータを提供しています。
  • 組み立てが簡単で測定範囲が広いため、湿った材料でも試験を実行できます。
  • 表面はホルコランコーティングされています。

ウエット引張り試験

  • アプリケーション:DIN 53112 Part 2, EN 12625-5, ISO 3781およびTAPPI T456準拠のウエット引張り試験
  • 機能の説明:試験片グリップに中にFinchクランプを装着します。液槽は上下に動きます。
  • アドバンテージ:上下調整可能な液槽

 

紙のZ軸引張試験用試験冶具

アプリケーション: 

内部接着試験(Z方向引張試験)による紙の加工性の測定。TAPPI T 541 あるいは ISO 15754に準拠のこの試験では、紙または多層板紙の内部繊維結合強度が決定される。冶具の平行性及び横荷重に対する剛性を確実なものとし、規格に沿った信頼性の高い試験結果を提供します。

  • シート面における紙の繊維間結合強度の決定。
  • 紙または紙のようなラミネートのシート面における層の接着力の測定。

機能の説明: 

  • シートレベルでの引張試験により、紙の繊維複合材料の挙動、および多層材料の層間の接着を測定できます。TAPPI T541 om-99に適った試験デバイスシートレベルでの引張試験には、圧縮プレートの高レベルの平行度と、試験片キャリアへの試験片の確実な固定が必要です。両方の基準は、Z引張試験用の試験装置で満たされています。トラバースブレースと精度制御されたフレームにより、圧縮プレートの高い平行度が可能になります。試験片キャリア用の精密ローラーガイダンスにより、調整の必要がなくなり、余分なものがなくなります。この試験片治具では、1回の操作で長さ約150mmのストリップの試験を行うことが出来ます。次に、試験片キャリアと粘着テープキャリアを十字に押すと、追加の試験片準備を行うことなく、5つの試験片を試験できます。
  • シートレベルで引張試験を実行するために、2つの試験片キャリアの間に1 "x 1"(25.4 mm x 25.4 mm)のエリアで試験片をテープで固定します。両面テープを使用します。試験中、試験片とテープは一緒にプレスされてから分離されます。このため、テープの接着強度は、繊維複合材を分離するために必要な力よりもかなり大きくなければなりません。主な測定値は、最大荷重とその時点での分離エネルギーです。

アドバンテージ:

  • 試験片キャリッジが互いに90°に配置されているため、1つのアプリケーションで5つの試験片を連続して試験できます。
  • レベリングエレメントと治具の高い横方向の剛性により、正確で再現性のある試験結果が保証されます。
  • 簡単で便利なハンドリングのみで試験を実施出来ます。

時間の節約:

  • 1回のアプリケーションで5つの試験片を連続して試験可能
  • 1つの操作で試験片を押し、引張まで行います。
  • オプションの試験片準備ステーションによって、試験片準備は大変簡便化されます。

圧縮性試験

  • アプリケーション:硬い材料の繰り返し圧縮および押し込み試験用コート紙および膜の圧縮性試験用。荷重と変位の連続測定

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

紙及びダンボール用試験アプリケーション

2点曲げ試験

ISO 2493-1, DIN 53121, ISO 5628, DIN 55437-3, DIN 19304
ISO 2493-1、DIN 53121、およびISO 5628に従って曲げ剛性を決定し、DIN 55437-3に従って折り目の技術的品質を決定します。
行先 2点曲げ試験

3点曲げ試験

以下のアプリケーションにおける3点曲げ試験硬質ボード、紙の複合材、芯の試験などは規格に準拠して行われます。
行先 3点曲げ試験

4点曲げ試験

DIN 53121, ISO 5628
DIN 53121あるいはISO 5628に準拠した段ボールの曲げ剛性
行先 4点曲げ試験

ショートスパン圧縮試験 SCT試験

ISO 9895, EN 54518 、TAPPI T 826 - 紙の圧縮強度
行先 ショートスパン圧縮試験 SCT試験

ショートスパン圧縮強度 S-test

DIN 5014
DIN 5014に準拠した段ボール媒体のショートスパン圧縮強度の決定
行先 ショートスパン圧縮強度 S-test

リングクラッシュ試験 RCT試験

Iリングに形成された紙片のリングクラッシュ耐性の決定(SO 12192またはTAPPI T 822)
行先 リングクラッシュ試験 RCT試験

フラットクラッシュ試験

DIN EN ISO 3035あるいはTAPPI T 825
DIN EN ISO 3035あるいはTAPPI T 825に準拠した材料特性を決定
行先 フラットクラッシュ試験

破裂試験

ISO 2758
ISO 2758 と ISO 2759に準拠した破裂強さの決定
行先 破裂試験

パンクチャ―試験

DIN 53142-2
ISO 53142-2準拠の引張力、圧縮力、曲げ力、せん断力の組み合わせ
行先 パンクチャ―試験

パンクチャ―試験

ISO 12625-9
DIN EN ISO 12625-9のティッシュペーパーのシートに対する機械的な貫通
行先 パンクチャ―試験

ウエット引張り試験

ISO 12625-5
DIN EN ISO ENISOTAPPI 12625 -5に準拠したティッシュ(あるいは紙)の濡れた状態での強さ
行先 ウエット引張り試験

ウエット引張り試験

ISO 3781, TAPPI T 456
DIN EN ISO 3781、TAPPI T 456に準拠した紙(あるいはティッシュ)の濡れた状態での引張強さ
行先 ウエット引張り試験

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:ショートスパン圧縮強度向け試験デバイス PDF 185 KB
  • プロダクトインフォメーション:破裂強さ測定用冶具 PDF 2 MB
  • プロダクトインフォメーション:ティッシュ製品用ボールパンクチャ―試験冶具 PDF 491 KB
  • プロダクトインフォメーション:紙のZ軸引張試験用試験冶具 PDF 483 KB
  • プロダクトインフォメーション:2点曲げ試験冶具 PDF 518 KB
  • プロダクトインフォメーション:シングルウォールおよびマルチウォールダンボールを試験するための4点曲げ試験冶具 PDF 1 MB
Top