ページコンテンツへ

電動ドライブ試験

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:自動車 PDF 4 MB

モーターの試験

自動車のエンジンの性能を最高に高めるため、一般的ではないプロセスがしばしば用いられます:複雑なプレス加工、より薄いシートメタル、あるいは永久的な磁性を持った高性能マグネット。この例では、永久磁石がしっかりと固定せれているかどうかのリリース力が測定されています。

蓄電システムの試験

電動化の最大の課題は蓄電にあります。低重量での高容量蓄電、バッテリー充電の高速化等が課題となっています。リチウムイオンバッテリーは蓄電の一つの選択肢です。このバッテリーの複雑な構造により高い安全性が求められます;しばしば電極の層間のへのリチウムの固着が生じ電池の性能が落ちてきます。

このため、どの程度の電極層間へのリチウムの固着が生じるのかを分析しなければなりません。2つのキャリアプレート間へ短冊状の試験片を接着し、上下へプレートを離していきます。測定するのは層間が離れるのに必要とされる荷重です。分離プロセスは数秒で終了するため、この迅速なプロセスに最適な、機械制御、試験機の加速、およびそのデータ収集速度を設計する必要があります。この方法でのみ、接着強度を再現性よく決定できます。 testControl IIとtestXpertは、こういう一瞬の試験に対しても信頼できる結果を提供する柔軟なツールです。

燃料電池とバイポーラプレートはガス拡散層、膜、あるいは電極などの様々な部材から構成されています。

燃料電池スタックや燃料電池システムにもその他の重要な部材が存在しています。これらは燃料電池の安全性や寿命を確実なものとするために試験が行われています。例えばガス拡散層の正確な厚みの測定などが行われています。2試験エリアのフレームにより素早く簡単に複数の試験段取りを行う事が可能です。圧縮試験は下部の試験エリアにて3つのトランスデューサーを用いて正確な変位の測定を行っています。この測定により試験片の全表面の変位を確実にモニターが可能です。曲げ試験では、上部試験エリアにおいて極端に柔かい短いフィルムピースを2点曲げ試験を行い曲げ強さを測定します。

加圧水素貯蔵システムの試験

エネルギー蓄えるあめに水素を利用する試みはエミッションフリーの自動車を実現するための重要な試金石となっています。800 bar までの圧力で加圧水素貯蔵システムを設計する事が重要です。繊維強化複合材などの材料を実際に使用する環境下で試験を行う事が必要となっています。

電磁アクチュエーターの試験

電気アクチュエーターの使用は現在の自動車では不可欠です。エンジン、リニアソレノイド、ピエゾスタックはドライバーをサポートし、動性、安全性そして燃費の良いドライブを実現させています。非破壊試験を行う事で、電磁アクチュエーターの荷重/ストローク曲線等の非常に重要な特性値を得る事ができます。testXpert と testControl がこのような繊細な試験に役立っています。この例はツビックの試験機は材料試験の枠を超え、より幅広い試験の可能性を示しています。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top