ページコンテンツへ

オペレーションコントロールの試験

オペレーションコントロールは自動車と運転者の間のインターフェースです。これらのシステムは安全にその機能を満たすと同時に、個々の動作に対して触覚、視覚、聴覚的なフィードバックがなければなりません。 

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:自動車 PDF 4 MB

ペダルの試験

クラッチ、ブレーキ、エンジンのペダルは走行中には非常に重たい荷重にさらされるために相応な設計が要求されます。駆動力や作動範囲等を測定する事がアクチュエーションレバーの安全機能を確認するために重要となってきます。これらの試験はまた、エンジンペダルポジションと関連するエレクトロ二クスの特性値カーブなどのエレクトロ二クスの測定システムにも転用可能となっています。

サイドブレーキレバーの試験

この試験は門型フレームに機械式サーボアクチュエーターを搭載して行います。疲労試験では、サイドブレーキレバーを特別にデザインされた± 30° に回転するグリップで掴みくさび引張試験で誤使用をシュミレーションします。試験周波数は3から4 Hzの間を保ち、最大荷重は1 kN で試験を行います。疲労試験としてはコストもセーブでき、非常にコンパクトかつ柔軟なオプションも揃えています。 

スイッチの試験

スイッチは単に接触動作を行うだけの機能ではありません。作動力、スイッチング距離、スイッチングヒステリシス、および接触抵抗。 testControl IIは、電気的データと機械的データを相互に配置し、スイッチの簡単で安全なデータ分析を可能にします。

オペレーションコントロールの試験

自動車内装におけるオペレーションコントロールは自動車の長い耐用年数に渡って様々な要求事項を満足させなければなりません。要求事項には、オペレーション時の力、安全なブレーキリミット、手触り感のあるフィードバック、音によるフィードバック等が含まれます。ツビックローエルではこれらの様々なオペレーションコントロールに関する要求事項に対して標準的なソリューションからテーラーメイドソリューションを提供しています。 

ガススプリングの試験

ガススプリングはトランクやエンジンフードなどの開閉に使用されます。使われる用途に応じてガススプリングの引張、圧縮力やダンピング機能などを繰返し試験によって測定しています。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top