ページコンテンツへ

金属業界向け試験ソリューション

金属は現在もそして将来にわたって世界中で最も重要な建築資材であり続けます。鉄鋼は高いパーセンテージでリサイクルされており、非常に持続可能性の高い材料です。これらの材料の特性値を理解する事は使用する人々、設計に関わる人達にとって重要な事です。

収集された材料特性は、インテリジェントなデータ管理システムを通じて、組織のすべての関連部署で利用できる必要があります。testXpoでは、ツビックローエルのtestXpert試験ソフトウェアによって提供可能なライブプレゼンテーションを行います。

ここでは、試験パラメータと特性値を確実に収集、保存、および呼び出すことができる必要があります。また、データ管理とは、一元化および分散化された方法で値とパラメーターを安全に転送および評価することを意味します。

光学式及び接触式伸び測定

接触式伸び計

これらの伸び計は引張り、曲げ、あるいは繰返し試験における直接変位計測を行います。すべての接触式の特徴は幅広い計測レンジに対応しており、試験片への装着は間単にできるように工夫されていますクリップオン伸び計とセンサーアーム伸び計は正しい角度に調整されたナイフエッジが標点間距離に直接接触し測定を行います。

  • センサーアーム伸び計
  • デジタル、アナログクリップオン伸び計
  • 圧縮と曲げ試験用伸び計

非接触型伸び計

非接触型伸び計の最大の強みは、なんら損傷を受けるリスク無く試験片破断に至るまで計測を行える点にあります。

  • ビデオ伸び計
  • レーザー伸び計r
  • ライト伸び計

全自動試験システム

自動試験システムは、オペレーターのエラーを排除し、特性値の再現性を向上させ、試験数を大幅に向上させます。ツビックローエルの自動試験機はこれら要求に応えています。ツビックローエルの自動システムはモジュール化されており、必要な試験を効率的、再現性高く行えます。標準のコンポーネントを使いカスタマイズソリューションを提供します。我々のエキスパートチームが高度な要求事項にも自動システムでソリューションを提供しています。

今年のtestXpoでは様々なアプリケーションに対応したロボットシステムを展示します。さまざまな測定システムに加えて、インテリジェントなデータ管理とお客様のIT環境とのコネクションにも重点が置かれます。

自動試験ソリューションは、静的材料試験だけでなく、硬さ試験にも使用されます。人工知能により、硬さの圧痕の自動評価を迅速かつ正確に行います。

Top