ページコンテンツへ

ワイヤーやケーブルの試験

全ての金属がワイヤー形状にされた、非常に一般的な製品です。ワイヤーはあらゆる産業で使用されています:建設、電機、エネルギー、航空、自動車、医療分野等。ケーブルとして捩られているワイヤーは鉄道、エレベーター、クレーン、橋梁、アンカーなどのベアリング機能として使用されています。このように幅広い用途として使用されるため、機械的な強度は様々となっているため、安全性の評価のために材料特性値が試験されなければなりません。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:金属 PDF 8 MB

海底ケーブル引張試験

ツビックローエルの海底ケーブル用試験機は横型構造が特徴です。この試験の目的は破断までケーブルに荷重をかけることにあるのでは無く、ケーブル内の光ファイバーの伝導性が軸荷重を受けどのように変化するのかを測定することです。長さ41mの試験機本体は調節可能なカウンターベアリング付きヒンジサポート台の上に載っており、長さ40mまでの海底ケーブルの試験を行うことができます。ご要求に応じて、試験機の長さを伸ばし、80mまでのケーブルに対応します。試験フレームに可動式のキャリッジを設け、ケーブルの曲げを様々なポイントで再現するたわみの試験を行います。

引張試験

ワイヤーの引張試験では試験片グリップのデザインがチャレンジとなります。ワイヤーは細いと同時に大変高強度です。試験用に機械加工することはできないため、カットオフされた長さで使用され、適切なグリップアレンジが必要です。チャック歯の間にワイヤーをクランプするだけで、望ましくない場所で破断が発生する可能性があります。ツビックローエルでは、安全で、信頼性の高い試験を可能にした様々なグリップ技術を駆使したグリップを提供しています。ひずみ測定には、細いワイヤーであれば光学式のビデオ伸び計が、またより厚めのワイヤーには光学式か接触タイプの伸び計が使用されます。

ケーブルの引張試験では、ケーブルアタッチメントのためにフォーク状の先端部に加え、2番目の試験エリアにおいて油圧グリップを使い試験片を掴んでいます。これは通常の丸棒状の試験にも応用が出来ますー丸棒状の試験のためにもう一台の試験機は必要ありません。

testXpert試験ソフトウェアによって試験セットアップや試験データの解析が簡単に行えます。 

硬さ試験

ワイヤーの硬さ試験は表面だけではなくワイヤーの中心部にも行います。中心の硬さの測定はワイヤーの断面を磨き、ビッカーズ方式で求められます(DIN EN ISO 6507-1)。ワイヤーはロールされ、より径の小さなワイヤーを引抜きます。材料はコールドハードニングを施されると粒子配列に変化が起きます。伸びた金属組織が冷間引抜ワイヤーになり、ヌープ方式で硬さを測定します(DIN EN ISO 4545-1)ここで行われる硬さ試験はツビックローエルの低荷重ビッカーズとマイクロビッカーズ試験機で試験をします。

回転曲げ疲労試験

多くの分野でワイヤーは繰り返し疲労の負荷を受け続けます。疲労強度は回転曲げ疲労試験で比較的短時間で簡単に測定できます。高速(6000rpm)で回転する試験片に回転軸と垂直の荷重を加えて試験を行います。この曲げモーメントプラス回転によって試験片の表面へ引張-圧縮の荷重をかけています。試験片の準備はこの試験では非常に重要で、いかなるダメージも試験片へかけることは許されません。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top