自動車産業における試験

自動車産業はグローバル競争に立ち向かっています。このため、コンピューターベースの開発が増え続けています。このようなコンピューターによるシュミレーション開発は常に材料データを設計する上でリアルな試験を行う必要があります。
ステアリングホイール試験

ボディー試験

ヒトの安全、軽量化構造、機能性などへの対応のため、自動車ボディーの構造はハイブリッド化と相まってますます複雑になってきています。そのため現在では、クラシックな鉄の材料に加え、超高強度の鉄、アルミニウム、さらには繊維強化プラスチックなど比較的新しい素材の使用が増えています。ツビックの高精度な試験テクノロジーはこういったマルチ素材の組合せのデザインにおける高度な試験をサポートし続けています。

エンジンとドライブ

ドライブトレインの開発の努力はエミッションの削減と効率的なモビリティーに注がれています。効率化、コンパクト化は世界各国のレギュレーションや目標を達成するために非常に大きな役割を果たしています。エンジン機構はますます軽量、コンパクトになる一方、スパーチャージング、作動パラメーターの最適化、そして複数の材料の組合せ構造等のためエンジンはより精緻・複雑になっています。ツビックの試験テクノロジーはこういった開発プロセスを協力にサポートし、信頼性の高い試験結果を提供します。

シャシー試験

道路面との接触、リンクのため、シャシーはモーション、安全性、乗り心地、そして燃費の面から非常に重要です。コンポーネントの安全性が重視されるため、新素材の使用や新しい製造技術などの採用の際には、特に信頼性のある品質管理が重視される分野です。 

内装及び安全部材の試験

機能性を兼ね備えた安全性:自動車の内装は乗員のためだけではなく緊急時の安全を担保するための機能も備えている必要があります。外装部の剛性内装部のパネル成形性と一体となり乗員を守る役割を果たします。内装は能動的、受動的な側面からの安全デバイス用のスペースが備えられ、素早く正確に、安全に運転時の様々な情報伝達により多くのサポートシステムも備えられています。
トップ