試験冶具ー全てのアプリケーションに最適なソリューションを

ツビックローエルは様々なデザイン、温度環境、試験荷重レンジに対応した最先端な試験冶具と試験片グリップを提供しています。

正しい試験冶具のチョイス

試験タイプ_collage

Specimen grips

試験方法の選択

  • どのような試験でも試験片をホールドする方法が必要です。安全で精度の高い信頼性のある試験結果には試験片グリップ/試験冶具の機能が的確に果たされていなければなりません。従って、それぞれの試験に適切なグリップを選択することが重要となってきます。
  • ツビックが提供するグリップと冶具は引張、圧縮、曲げ、せん断そして繰返し試験まで幅広く対応しています。
試験片タイプ collage

試験片材料/形状に応じたグリップ選択

  • 構造や操作を変えることで、グリップは異なる試験片形状、サイズ、材料特性、さらには適した荷重や塑性範囲に対して最適化されます。
  • 試験材料における特性、例えば硬さ、強度、延性、弾性、表面のコンディション等、は適切なグリップを選択する上で欠かせないファクターです。
作動原理_collage_+FO

作動原理による選択/メカニカルな要求事項

  • 試験片の形状に応じて、荷重は能動的、非能動的に試験片に対して加えられます。しかしながら、ほとんどの引張試験の試験片は非能動型で荷重が伝達されます。なぜならそれら試験片はワイヤー、ストラップ、ベルト、ロープ、薄板あるいはその他のシート状の材料から切り出されているためです。必要な掴み力と掴めるエリアによって、選択肢はセルフ締付けタイプのグリップか外部からの締付け力で締めるかの選択となります。
  • グリップの機構は荷重レンジ、開口幅から温度変化にいたるまで様々な要因で大きく変わってきます。
規格_collage

一般的な要求事項に沿った

  • 一般的な試験要求事項と規格のスペックがグリップ選択の上では重要となってきます。例えば、多くの試験片を短時間で処理したいのであれば、空圧、油圧で駆動する自動グリッピング機構のグリップを勧めています。
  • ある程度色々な種類の試験を行う場合は、グリップには柔軟性がある程度必要となります。当社が提供するグリップにより交換の手間とコストが短縮され、効率的なオペレーションが実現できます。
もっと読む 最小限の情報

Composites industry partner relies on ZwickRoell technology

In 2007 GMA-Werkstoffprüfung GmbH opened its CFRP test center in the northern German town of Stade in the heartland of the German composites industry, underlining the company’s specialization in test procedures for carbon-fiber-reinforced products. GMA is an active member of CFK Valley and an ideal provider of quality assurance and testing. The company uses modern testing technology by ZwickRoell for this work.
IMAG0463

ドイツ製のスタンダード

我々の製品は、どの産業でもそのセクターでも研究開発の顧客に最高のパフォーマンスの試験クオリティーを提供しています。我々の試験機はよく言われる”メイドインドイツ”のクオリティーを兼ね備えています。ツビックの提供する製品はすべて最新のEC機械指令に適っています。

毎年ウルム市ツビック本社で開催されるtestXpoで私たちの製品を体験してください。

Dr. ヤンステファンローエル
testXpo テント
  • メードインドイツ
  • 試験システムの安全性
  • 人間工学に適ったオペレーション
  • 次世代のテクノロジーへのフレキシブルな対応
トップ