ページコンテンツへ

ロープグリップ

ダウンロード
材料
  • プラスチック
  • 繊維
  • 金属
試験荷重
  • 2.5 kN - 100 kN
試験片形状
  • ロープ
  • 高強度ヤーン
  • ケーブル
  • ワイヤー
試験タイプ
  • 引張

ロープ用試験片グリップ

ロープグリップは、寸法が安定していない引張試験片の試験に使用できます。

試験片にかかる引張応力はロードリダクションローラーとの摩擦によって減少していきます。端のクランプは、スクリュー(場合によっては力を大きくする)、ウェッジ、または油圧クランプエレメントによって機械的に行われます。

ロープグリップには5種類のバージョンが用意されています:

  • Fmax 2.5 kN 軟質プラスチックと繊維向け
  • Fmax 2.5 kN 金属材、プラスチック及び天然ファイバー向け
  • Fmax 10 kN - 50 kN 高強度ロープとヤーン向け
  • Fmax 100 kN スチールとプラスチック
  • Fmax 100 kN 高強度ロープとヤーン向け

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

アドバンテージ 、Fmax 2.5 kN
機能の説明
アドバンテージ 、Fmax 2.5 kN、金属材料
機能の説明
アドバンテージ、Fmax 10 kN- 50 kN
機能の説明、Fmax 10 kN- 50 kN
アドバンテージ 、Fmax 100 kN
機能の説明
アドバンテージ、Fmax 100 kN, ロープとヤーン
機能の説明

アドバンテージ 、Fmax 2.5 kN

  • ロードリダクションローラーの周りに試験片を巻き付けることで、チャック歯が破損ことなくマイルドにクランプ出来ます。
  • これらのグリップは対費用効果の高いソリューションです。試験片を巻き付けて結び付けることで、エンドクランプ装置が不要になります。

機能の説明

ロープグリップは形状が不安定な引張試験片にも使用可能です。

締付力はロープ摩擦と節止めあるいはラッピングによって発生します。試験片にかかる引張応力はロードリダクションローラー上の摩擦により大幅に軽減されます。

試験片は、ロードリダクションローラーの所定の溝によって挿入時に自動的に中央に配置されます。

アドバンテージ 、Fmax 2.5 kN、金属材料

  • ロードリダクションローラーの周りに試験片を巻き付けることで、チャック歯が破損ことなくマイルドにクランプ出来ます。
  • ロードリダクションローラーのガイド溝により、試験片の迅速かつ容易な挿入とセンタリングが可能です。
  • ロードリダクションローラーは交換可能なため、さまざまな試験片材料に対応するためにグリップを最適に調整できます。
  • アプリケーションを変更した場合でも、チャック歯は素早く簡単に変更できます-ツールは必要ありません。チャック歯は自動でセンタリングされます。

機能の説明

ロープグリップは、ロープ、細いテープなどの引張試験用の片側閉鎖グリップです。チャック歯はスプリングを介して引張方向へガイドされています。チャック歯マウンティングはバネ力で固定されており、工具を使わずに交換できます。

試験片は、ロードリダクションローラーの所定の溝によって挿入時に自動的に中央に配置されます。

アドバンテージ、Fmax 10 kN- 50 kN

  • ロードリダクションローラーの周りに試験片を巻き付けることで、チャック歯が破損ことなくマイルドにクランプ出来ます。
  • ロードリダクションローラーのガイド溝により、試験片の迅速かつ容易な挿入とセンタリングが可能です。
  • ロードリダクションローラーは交換可能なため、さまざまな試験片材料に対応するためにグリップを最適に調整できます。
  • アプリケーションを変更した場合でも、チャック歯は素早く簡単に変更できます-ツールは必要ありません。チャック歯は自動でセンタリングされます。
  • 油圧クランプにより正確に決められたグリップ圧の再現性が高まります。
  • 高いグリップ力で試験片をしっかり安全にクランプ。試験片の端のコーティングなどの調整の必要性はありません。

機能の説明、Fmax 10 kN- 50 kN

試験片はロードリダクションローラーに1回あるいは複数回巻いて取り付けます。チャック歯が破損しない程度まで試験片のエンドクランプ以前に巻き付けた摩擦により引張荷重が軽減されます。

クランピングは機械的か油圧で行います。

これらのロープグリップはモジュラー設計を特徴としており、試験片の材料に合わせて最適化が可能です。このグリップは、キャリアプレート、クランプシステム、チャック歯、およびロードリダクションローラーで構成されています。

アドバンテージ 、Fmax 100 kN

  • ロードリダクションローラーの周りに試験片を巻き付けることで、チャック歯が破損ことなくマイルドにクランプ出来ます。
  • ロードリダクションローラーのガイド溝により、試験片の迅速かつ容易な挿入とセンタリングが可能です。
  • ロードリダクションローラーは交換可能なため、さまざまな試験片材料に対応するためにグリップを最適に調整できます。
  • アプリケーションを変更した場合でも、チャック歯は素早く簡単に変更できます-ツールは必要ありません。チャック歯は自動でセンタリングされます。

機能の説明

ロープグリップは形状が不安定な引張試験片にも使用可能です。

試験片はロードリダクションローラーに1回あるいは複数回巻いて取り付けます。チャック歯が破損しない程度まで試験片のエンドクランプ以前に巻き付けた摩擦により引張荷重が軽減されます。

  • 高剛性のロープにはより大きなローラー径(ワイヤー、スチールロープ)
  • 柔らかいロープには小径ローラー(ファイバー、ロープ)

3種類のロードリダクションローラーと様々なチャック歯を用意しています、

試験片は、ロードリダクションローラーの所定の溝によって挿入時に自動的に中央に配置されます。

アドバンテージ、Fmax 100 kN, ロープとヤーン

  • シングルあるいはマルチループ構造を介して引張応力が減少
  • クランプ圧の再現性、正確性が高く最適なグリップ
  • 油圧機構による試験片端のクランプにより締付力が高く、コーティング等の材料でもしっかり掴みます。
  • 試験片の材料に応じて最適なループ用ローラーを選択
  • 試験片の材質、直径に応じて様々なチャック歯を提供しています。
  • 試験片の装着に手間がかからず、短時間で多くの試験が可能

機能の説明

ロープグリップは形状が不安定な引張試験片にも使用可能です。

試験片はロードリダクションローラーに1回あるいは複数回巻いて取り付けます。チャック歯が破損しない程度まで試験片のエンドクランプ以前に巻き付けた摩擦により引張荷重が軽減されます。

  • 高剛性のロープにはより大きなローラー径(ワイヤー、スチールロープ)
  • 柔らかいロープには小径ローラー(ファイバー、ロープ)

3種類のロードリダクションローラーと様々なチャック歯を用意しています、

試験片は、ロードリダクションローラーの所定の溝によって挿入時に自動的に中央に配置されます。

テクニカルオーバービュー

ロープグリップはFmax 2.5 kN からFmax 100 kN まで対応しています。

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品とアクセサリー類

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:ロープグリップ、Fmax 2.5 kN PDF 222 KB
  • プロダクトインフォメーション:ロープグリップ、Fmax 2.5 kN PDF 162 KB
  • プロダクトインフォメーション:ロープグリップ、Fmax 10 kN/50 kN PDF 240 KB
  • プロダクトインフォメーション:ロープグリップ、Fmax 100 kN PDF 144 KB
  • プロダクトインフォメーション:ロープグリップ、Fmax 100 kN PDF 569 KB
Top