ページコンテンツへ

圧縮試験用試験治具

圧縮試験は、一定圧縮荷重の下での材料の挙動を決定するために実施されます。圧縮試験片は、破損するまで、亀裂が入るまで
、または指定された圧縮値まで圧縮されます。

使用される圧縮ツールは、試験する材料と直接接触しています。したがって、正確にアラインメントされ、それぞれのアプリケーションと試験コンディションに適応していなければなりません
。全ての試験に対応した幅広いレンジの圧縮試験キットを用意しています。これらの圧縮ツールは、個々の試験条件に応じて
特定のアプリケーションに適応させることが出来ます。

選択基準

圧縮試験治具は、アプリケーションに応じて選択する必要があります。ここで最も重要な点は、試験片の寸法と予想される最大試験力です。 

圧縮プレートは’軽い’タイプと’重い’タイプに分かれている点を、個々の圧縮ツールの選択を容易にする際には注意してください。’より軽い’圧縮プレートは、最大負荷20kNまでの圧縮試験用に設計されています。’より重い’圧縮プレートは、最大250kNの試験に使用できます。 

圧縮プレートのもう一つの違いはそのツールの外径です。通常、その形状は円形と
方形に区別されます。圧縮プレートの寸法は、
プレートの選択基準として最も優先されます。

試験ダイ

  • DIN 53579、ISO 2439、ASTM D3574およびその他の規格に準拠したフォームの押し込み硬さ試験用の圧子は、軟質フォームの試験治具のチャプターに記載されています。
  • 圧子は上部にマウントされます。
  • 圧子のマウントに関してはコネクションシステムのダイアグラム、上部を参照してください。

圧縮プレート

圧縮プレートは上下で使用可能です。圧縮プレートのインストールは、’コネクティングシステム、トップ’と’コネクティングシステム、ボトム’を参照してください。全ての圧縮プレートは–70 から+250℃の温度環境下で使用可能です。

公差が累積するため、固定接続を介して取り付けられた圧縮プレートの平面の平行性は保証されません。別の方法は、球形コネクタを介した接続です、これは試験片に適合し、平面の平行性を実現できます。

圧縮試験冶具セット

  • アr無二ウムかスチール
  • ロック可能なボール継手による上部圧縮プレート;固定下部圧縮プレート

または

  • 上下部圧縮プレートとも固定タイプ

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

圧縮試験のアプリケーション

硬化フォーム材の圧縮試験

ISO 844, ASTM D1621, EN 826
圧縮強度、最大圧縮変形、圧縮弾性率は、負荷がかかった状態での短期的な変形挙動を示します。
行先 硬化フォーム材の圧縮試験

リングクラッシュ試験 RCT試験

Iリングに形成された紙片のリングクラッシュ耐性の決定(SO 12192またはTAPPI T 822)
行先 リングクラッシュ試験 RCT試験

圧縮応力曲線

ISO 3386
特定の環境条件下での試験片が表面全体に受ける耐圧性
行先 圧縮応力曲線

リング剛性/リング柔軟性/初期リング剛性

ISO 9969, ASTM D2412, EN 1228, ISO 13968, ISO 13967
ツビックローエルのProLineおよびAllroundLine試験機は、全てのプラスチックパイプを試験するための荷重レンジをカバーしてます。
行先 リング剛性/リング柔軟性/初期リング剛性

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:圧縮試験冶具セット PDF 586 KB
Top