ページコンテンツへ

棒鋼や線材の試験

棒鋼及び線材は断面積 240x320 mm² までの丸状あるいは角度をつけて成形した長状の製品であり、圧延や鍛造において様々な用途があります:ワイヤーロッド、自動車分野におけるコネクティングロッド、エネルギー分野のジェネレーターやタービンシャフトの初期製品;橋梁建設や造船あるいはタンク製造などの分野では最終製品。必要とされる材料特性値は使用される用途によって様々です:構造材には高張性から成形・加工には延性まで。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:金属 PDF 8 MB

棒鋼や線材の引張試験

棒鋼や線材の引張試験 は国際的に認識されている規格ASTM E8に準拠して行われます。ISO 6892-1に準拠した試験も行われ、欧州規格 (EN ISO 6892-1) はワーディングも内容も同一のため、EUで適用されています (例えばドイツの DIN EN ISO 6892-1)。製品から試験片を取り出し、製品の形状または製品規格で指定されている引張試験の準備をします。製品の断面が許せば、製品の断面を試験用の試験片として使用できます。必要な容量は2500kNを超える可能性があり、最大5000kNのカスタマイズされたツビックローエルの試験システムをご使用ください。試験片のグリップとクランプが特に難しく、ツビックローエルでは、新しいテクノロジーに裏打ちされた試験片グリップを開発して、クランプの影響によって試験片が早期に破損しない工夫がなされています。

規格に沿ったひずみ測定

ツビックローエルの油圧平行締付試験片グリップにより、試験全体を通して試験片の完全なクランプと位置決めが維持され、試験片の滑りを防ぎます。多くの場合、規格に準拠したひずみ測定は、自動接触式または光学(非接触)の伸び計によって行われます。ツビックローエルの伸び計は、棒鋼や線材を試験するための最適なソリューションです。マクロ伸び計は、高解像度と非常に高いレベルの精度、堅牢性を備えた機械的構造によって、過酷な環境でも使用可能です。加えて、試験片の破断までのひずみ測定が可能です。破断時のひずみの自動測定は、マーキング無しで実施され、破断後の試験片への突合せ等も手動で行う事が出来ます。

破断までひずみ測定

レーザー伸び計は、試験片の破断までひずみを測定する革新的なソリューションです。レーザー伸び計には試験片へのマーキングを必要としません;レーザー光を使用して、それ自体が作成したパターンを表面のマーキングとして使用します。この”セルフマーキング”による光学的評価は、黒皮やそのはく離でさえもマーキングを妨げないように行われます。ひずみ速度制御の規格(特にクローズドループひずみ速度制御に関連する公差)で要求される許容誤差は、マクロ伸び計とレーザー伸び計の両方で満足されています。

棒鋼や線材の硬さ試験

硬さ試験 は、微細構造の特性評価(マイクロ硬さ試験)、表面硬度の決定、および強度の大まかな推定のために、棒鋼や線材に対して行われます。非常に小さい試験力から大きな試験力まで多くの試験方法があります。ブリネル (DIN EN ISO 6506-1)、 ロックウエル、ビッカース (DIN EN ISO 6507-1)そしてヌープ(DIN EN ISO 4545-1)に準拠した従来からの全ての試験方法は半製品の硬さ試験には重要な試験法です。ASTMの規格ではASTM E10 (ブリネル)、ASTM E384 (ビッカースとヌープ)、ASTM E18 (ロックウエル)があります。加えて、その他の試験法や試験使用がある特別な領域では行われることもあります (例えば、欧州規格EN 2002-7は航空機分野で使用されています)。

硬さ試験は簡単、迅速、信頼性の高いため、頻繁に実施され、その結果も他の特性と比較されます。長い製品の場合、材料の焼入れ性は、焼戻しおよび焼入れ試験に続いて棒鋼に沿った硬さ分布を確立することによって決定されることがよくあります (Jominy試験、DIN EN ISO 642)。
ツビックローエルの製品ポートフォリオは、自動Jominy試験を含む、必要な全ての硬さ試験法に対応しています。

ツビックローエルの製品ポートフォリオは硬さ試験の全てのアプリケーションに対応した装置を用意しています。ツビックローエルの硬度計と各種デバイスは、すべての一般的な国際規格の要件を満たし、国際規格に合わせて校正することもできます。校正ラボとして、ツビックローエルは ドイツの国家認定機関DAkkSによる硬さ試験機の校正認証を取得しています。

アベレージグローバル硬さ値の試験と測定

硬さ試験のもう一つの側面は、圧延後の平均全球硬さ値の試験と決定です。圧延は、幅と厚さ、および機械的特性を決定するために使用される熱機械的プロセスです。これらの時々粗い構造の平均値を決定するために、より高い力を使用する硬さ試験法が用いられます。ブリネルやロックウエル法が好ましい試験法です。棒鋼や線材の試験ではポータブル硬度計がしばしば利用されています。元部材まで運んでその場で測定を行います。

硬さ試験で金属組織成分の結晶粒構造の測定

硬さ試験のまた別の側面は、金属組織成分に対して硬さ試験を実施することによる結晶粒構造の決定です。金属組織が非常に小さいため、極めて小さな力の硬さ試験機が使われます-一般的に言えば、金属組織成分のサイズに応じて押込み力が調整できるタイプの硬さ試験機を使用します。

棒鋼や線材の疲労試験

輸送やエネルギー分野では特に製品やコンポーネントの安全性が重要になっています。試験片に対して繰返し荷重、引張-圧縮の荷重をかけて試験を行います。

  • 油圧サーボシステム
  • 電磁共鳴式疲労試験システムも対応
  • あらゆる試験に対応した試験片クランピング
  • ツビックローエルによってインハウスで開発・製造された制御測定テクノロジー

棒鋼や線材の捩り荷重下での疲労試験

材料試験では、ねじり下での丸い製品の挙動が重要です。また、複数の負荷軸を重ね合わせて、その製品の実際の用途に応じた材料試験することもあります。共振下での試験は迅速であり、消費電力が非常に低いため、費用対効果が高いことを意味します。電磁共振パルセーター(バイブロフォア)を利用する事にはアドバンテージがあります

  • カスタムメードの冶具類
  • 短時間での疲労試験
  • 省エネルギー
  • 頻繁なメンテナンスは必要なし

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top