プラスチック

プラスチックの試験装置の包括的なポートフォリオは、約100人の製品開発者の経験と取り組み、およびお客様との緊密なパートナーシップの結果です。私たちは、あらゆるアプリケーション向けにカスタマイズされた試験システムを特徴とするさまざまな製品ラインを提供しています。
プラスチック業界向け試験ソリューション

当社の主な強みの1つは、ISO 10350(単一点データ)、ISO 11403(多点データ)、ISO 17282(設計データ)などの規格で指定されている成形材料の特性評価にあります。これらの結果の多くは、ツビックローエル試験装置を使用して取得され、CAMPUSチームのメンバーがWebサイトで入手できます、www.campusplastics.com

別の重要な分野は、製品とコンポーネントの試験の広大な分野です。試験片は完成品から採取され、製品のセクションが試験され、あるいは、完成品全体に機械的負荷をかけてその機能を試験します。例としては、プラスチックフィルムとパッケージ、フレームとプラスチックパイプ、ハードフォームとソフトフォーム、および完成品シートなど幅広いレンジに渡っています。

熱可塑性樹脂および熱硬化性モールディング材料

成形材料の特性評価の重要な側面は、異なるラボ間の試験結果の再現性です。試験片の作成、試験片の形状、試験シーケンスはすべて詳細に指定されており、再現性と再現性の両方に厳しい要求があります。品質管理では、評価の基本的な基準は、一定期間にわたる測定値の変化です。

中間製品と完成品

完成部品または中間製品から採取された試験片の試験の目的は、成形材料の試験の目的とは大きく異なります。成形材料の試験は、比較可能な材料データを生成します。このデータは材料の比較に使用できますが、完成品の特性を計算することはほとんどの場合不可能です。

そのため、中間製品と完成品をテストする場合には異なった目的があります。

薄いシート及びプラスチックフィルム

プラスチックフィルムは日常生活に欠かせないものとなっています。それらを使って食品を包装し、食料品を店から持ち帰り、温室や畑で栽培された野菜を覆います。フィルム包装は医療工学業界では一般的であり、多くの場合、命を救います。多種多様なフィルムは建設にも使用されています。
詳細

硬質、軟質ポリマーフォームの試験

フレシキブルフォーム は、車両のシートクッション、家具、マットレスに断熱材として、および音響減衰に使用されます。

硬質フォーム は断熱材や防音材、複合材のコア材料として、また、たとえば道路工事のような基材として使用されます。

詳細

プラスチックパイプ

熱可塑性ポリマーまたはガラス繊維強化プラスチック製のパイプシステムは、主に水またはガスの輸送に使用され、厳しい品質要件の対象となっています。アプリケーションのレンジと材料は多岐にわたるため、プラスチックパイプのテストに関する国内および国際的な基準は数多くあります。プラスチックの材料特性と完成したパイプの性能特性の両方が試験されます。ツビックローエル材料試験機は、これらの試験の多くを実行するために使用されます。
詳細
トップ