ページコンテンツへ

シートメタルとストリップの試験

ストリップはコイルに巻かれている鉄、非鉄材;熱間圧延での処理後、冷間圧延処理されます。

熱間圧延ストリップは厚さ15 mmまで、幅 約2,200 mm までの大きさで製造されています。熱間圧延プレートはこのストリップから切り出された薄板(シート)で、厚さ15 mm、幅約2,000 mmのシート材です。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:金属 PDF 8 MB

引張試験

シートやストリップの引張試験は国際規格であるISO 6892-1及び米国の規格ASTM E8に準拠して行われるのが一般的です。加えて、各国や地域で様々な規格によっても行われますが、これら規格は近年ISO 6892-1 へ沿った改正が行われています。EN ISO 6892-1もヨーロッパ規格ですが、ISOと同一の文言となっています。全てのEUの加盟国は各国の規格としてこの規格を採用しています(例えばDIN EN ISO 6892-1)。これら規格に盛り込まれている特性値や測定方法は、試験結果において比較可能となっています。特性値の中でも重要なものは、降伏点、降伏強さ、最大荷重、最大荷重(応力)時におけるひずみ、そして破断時のひずみです。これらの特性値はエンジニア達のベースとして使用されたり、あるいは材料の出荷受入れ時の基準として使用されたりしています。 

幅広い試験ソリューション

ツビックローエルは材料の特性値を求めるための実に幅広い製品群を提供しています; 当社の提供するシステムは高試験力で高精度を実現しています。当社が提供する様々な種類の縦・横のひずみを測定する伸び計はお客様の要求と試験環境に最適なソリューションを提供しています、例えば、makroXtensは光学式の横ひずみ測定の伸び計を組み合わせて使用できます。このコンビネーションは高精度、自動測定では最適、且つ試験片のハンドリングも簡単です。makroXtensは破断まで伸び測定を行います。伸び計尖端のナイフエッジホルダーは試験片破断時の急激なリリース力によるネガティブな影響を排除します。オプションにて破断場所の認識機能によって、光学式の幅計が試験片を破断まで追尾し、幅を測定し、破断位置の特定を高精度で行っています。 

r及びn値の測定

r値およびn値は成形性を示すために引張試験によって決定されます;n値は均一伸びまでの塑性変形時における応力の増加すなわち加工硬化の度合いをあらわす一方、r値は厚み方向、板幅方向のどちらに変形しやすいかという塑性ひずみ値を示します。n値は引張応力とひずみデータから求められます; r値は、試験片にかかる横ひずみも加えて計測することで求められます。引張試験用試験片はロール方向に沿ってストリップあるいはシートから切り出されます。r値はこのロールの方向によって影響を受けます。これはシート材を大量成形加工する場合に非常に重要となります。材料が表面処理中にいかなる変化も起さないように、シート材の厚さは試験片厚さと同一となるようにします。また、平行部長さはミリング、パンチング、フィニッシングで作成されますが、この場合にも材料がいかなる変化も受けないようにします。 

2軸引張り試験

2軸引張り試験は材料の変形特性を測定する上で代表的な試験です。この試験は主に研究開発分野で行われており、ある決められた応力下で試験片の交差点を分析します。ツビックローエルでは3種類の2軸試験機を用意しています。ほとんどのケースでは、ひずみ測定はオプティカル、非接触で行われます。ツビックローエルではこの種の試験では2つソリューションを提供しています。 

硬さ試験

金属シート材の硬さ試験は主に薄板材の表面全体を特性値測定や金属組織解析向けに行われます。加えて、その他の硬さ試験メッソドもある特定の分野で行われています(例えば、欧州規格 EN 2002-7 は航空機産業で使用)。

大型構造物の溶接の分野では薄板材の溶接継ぎ手にも硬さ試験が行われる場合もあります。代表的な例としては造船、海上構造物、ガスなどのパイプライン等です。

DIN EN ISO 9015では試験タイプが定義されています。典型として、ビッカーズ HV5 あるいは HV10 硬さ試験(試験荷重 49 N あるいは 98 N) です。硬さは母材、熱を受ける場所や溶接材そのものを試験します。従って、断面、横断面などに実に多くの押込みがなされています。この試験では自動硬さ試験がしばしば用いられます。一定のプリグラムされたプロセスに基づき、事前設定されたポジションで自動的に押込みを行い、測定も自動で行う事が出来ます。

ツビックローエルの製品ポートフォリオでは全ての試験メッソドの硬さ試験機を用意しています。この全自動システムは特に溶接継ぎ手試験に使用されています。このシステムの利点は人による影響を極力無くし、効率的な試験を大量に行う事が出来る点にあります。ツビックローエル硬さ試験装置は全ての国際規格の要求を満たし、さらに国際規格に基づく校正も実施可能です。ツビックローエルはドイツの規格団体、DAkkSによって硬さ試験機の校正機関として認定を受けています。

曲げ試験

3点曲げ試験は曲げ特性値を求めるだけではなく、曲げエッジのビジュアルな評価にも行われます。特に、溶接継ぎ手の挙動は試験中の観察対象です。既存の試験片ホルダーを利用して使用できる様々なオプションキットにより最適なソリューションをツビックローエルは提供しています。

高温下での引張試験

エンジン設計、電力プラント、パワートレイン、化学プラントなどの分野では、使用される材料は約1,200 °Cまで、またはそれ以上の温度環境におかれ、高温下での材料の挙動を知る事は重要です。これららの分野では温度上昇下における引張試験が主に行われていますが、曲げ試験もまた重要です。ツビックローエルでは、温度制御可能な加熱炉、試験片プルロッド、高温ひずみ測定装置そしてその他の付属品等を当社のツビックローエル試験機と組み合わせることで高温下における最適なソリューションを提供しています。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top