ページコンテンツへ

プラスチック用試験冶具

プラスチック業界の多くの重要な規格に対応する特別な試験ツールを開発しました。ここでは次の試験ソリューションに関して記載します:フィルムの穿孔/ペネトレーション試験、曲げ試験、摩擦係数(COF)を試験するためのツール、圧縮永久ひずみの決定、粘着テープのはく離、複合材料のはく離試験。

ボール破裂試験冶具

  • アプリケーション:ASTM D3787-88、ISO 3303 メソッドA及びISO 9073-5の試験用
  • 試験片材料 フィルム、ゴム、プラスチックコーティング生地
  • アドバンテージ:フィルムストリップを素早く、簡単に信頼性高くインサート

穿孔抵抗測定用試験冶具

  • アプリケーション:パンクチャ―試験では、DIN EN14477準拠の包装フィルムの耐パンクチャ―性を決定します
  • 試験片材料 包装フィルム
  • アドバンテージ:
    • フィルムストリップを素早く、簡単に信頼性高くインサート
    • エンドレスストリップ試験片を素早く安全にグリップ可能です。
    • 試験プローブはコレットに取り付けられているため、簡単に取り外すことができます。
    • 丸い交換チャック歯(ホルコランまたはOリング)は、試験片のグリッピングに使用できます(デリバリーに含まれています)。チャック歯の開閉、およびグリッピングは締め付けナットを介して機械的に実行されます。

 

プラスチックフィルムの摩擦特性試験用冶具

  • アプリケーション:ISO 8295, ASTM D1894, ASTM D2534, TAPPI T549, TAPPI T664 su64、DIN 53375に対応したプラスティックフィルムの静的、動的摩擦挙動の決定
  • 試験片材料 プラスチック、フィルム、紙、板紙
  • 機能の説明:試験治具により、フォイル間、およびフォイルとシート材料(ステンレス鋼またはガラス)間の摩擦挙動を決定できます。

    フィルムはキャリッジでクランプされます。2番目のフィルムは、ステンレス鋼のテーブルあるいはそのテーブルに配置されている付属のガラスプレートに固定できます。

紙、板紙、プラスチックフィルムの摩擦特性試験用治具

  • アプリケーション: ISO 8295, ASTM D1894, ASTM D2534, TAPPI T549, TAPPI T664, su64, DIN 53375準拠の試験
  • 試験片材料:: 紙、板紙、フィルム
  • アドバンテージ:試験片をグリップするための摩擦ブロックの接着コーティング
  • 機能の説明:この試験治具は紙、板紙やフィルムの摩擦特性を決定するために使用出来ます。試験片の1つをキャリッジに装着。2番目の試験片をステンレスプレート上でクランプ。

圧縮セット測定用試験装置

DIN ISO 815準拠の天然ゴム、エラストマー及びDIN EN ISO 1856 準拠の柔軟フォーム材の試験

  • 圧縮永久ひずみを決定するための自己完結タイプの装置
  • 試験片材料:
    天然ゴム、エラストマー、柔軟フォーム

複合材のはく離試験

DIN 53357メソッドB、DIN55543-5およびその他類似のメソッドに準拠した層間の接着試験

  • 試験片材料:
    プラスチックフィルム、シート

粘着テープのはく離試験

粘着テープのはく離試験

90° はく離試験冶具
90° はく離試験冶具FINAT
180° はく離試験冶具
フレキシブルな試験片をポジショニングし、トラックするデバイス
粘着テープの粘着力を試験するためのタックループ試験
3234

90° はく離試験冶具

90°テープはく離試験キットにより、硬い基材との接着結合の接着試験を実行できます(3...50 mm 厚み)及びトップレイヤー (0 ...20 mm)。

トップレイヤーは、90°の角度でたわみローラー上で上向きに剥がされます。もう一つのローラーが滑り面テーブルに対して硬い基板のガイドしています。引張方向の軸力は、これらの2つのローラーによって保証されます。

05690

90° はく離試験冶具FINAT

90°剥離試験キットにより、材料のはがれ性を比較できます。試験片ホルダー付きのキャリッジは、試験中に水平方向に自由に動くことができます。

キャリッジはスチールワイヤーでトラックされます。

180° はく離試験冶具

絶縁テープのはく離試験キットは、絶縁テープの引張挙動を決定します。

1026

フレキシブルな試験片をポジショニングし、トラックするデバイス

接着力を測定するための180°はく離試験(シール強度試験)

1057

粘着テープの粘着力を試験するためのタックループ試験

平板からのはく離中の接着強度の試験:試験ストリップを交換可能な接着プレートから分離して、最初のグラブまたはタックを決定します、例としてはFinat試験方法No.9準拠。

  • 試験片材料:
    粘着テープ

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

アプリケーション

3点曲げ試験

ISO 178
ISO 178 及び ASTM D790に記載の3点曲げ試験は硬化、半硬化プラスチックのクラシックな特性値を求める試験方法です。典型的な試験結果には、曲げ弾性率、3.5%伸びでの応力、降伏点および試験片破断時の応力と伸びが含まれます。
行先 3点曲げ試験

パンクチャー抵抗

ISO 14477 、ASTM F1306
フィルムが包装材料として使用される場合、例えば食品や鋭いエッジを持つ部品の場合、耐穿孔性は重要です。これは以下の規格に記載されています:EN 14477、ASTM F1306.
行先 パンクチャー抵抗

摩擦係数 COF

ISO 8295、ASTM D1894、JIS K 7125、DIN 53375
COFは、表面構造と印刷適性に関して重要です。静摩擦係数および動摩擦係数は、パッケージングおよび印刷機でさらにプロセスされるフィルムにとって特に重要です。
行先 摩擦係数 COF

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:ボール破裂試験デバイス PDF 2 MB
  • プロダクトインフォメーション:パンクチャ―試験機 PDF 533 KB
  • プロダクトインフォメーション:プラスチックフィルムの摩擦特性試験用冶具 PDF 235 KB
  • プロダクトインフォメーション:90° はく離試験冶具 PDF 359 KB
  • プロダクトインフォメーション:3点曲げ試験冶具 PDF 246 KB
  • プロダクトインフォメーション:DIN 53435 – DB – Gに準拠した4点曲げ用ダイナスタット曲げ治具 PDF 6 MB
  • プロダクトインフォメーション:粘着絶縁テープ向け試験冶具 PDF 145 KB
Top