メカトロニクス/電子部品

ツビックローエル_09-10-15_0513
サーキットボード_クローズアップ

ボードのはんだポイントの検査

電動X-Yテーブルを備えた全自動試験システムを使用して、はんだ付けされたコンポーネントの押し出し強度を測定します。すべての試験機シーケンスとX-Yテーブルの試験位置は、testControlとtestXpertによって自動的に制御されます。オペレーターは一度だけ試験ポジションを”教える”だけです。人によるモニタリングは必要ありません。

ツビックローエルのソリューション: zwickiLine Z1.0

  • 電動モーターX-Yテーブル
  • カッティングディスクを搭載
  • 全自動の試験シーケンス

電磁アクチュエーターの機能試験

比例または切り替え磁石を使用する場合、力とストロークの特性曲線を検査します。曲線は電磁アクチュエータの機能試験となり、通常は最終試験です。アクチュエータの基本的な機能特性は、特性曲線から確認できます。力-ストロークの特性は、アクチュエータが動作範囲内で必要な力を一定の電流レベルで加えているかどうかに関するデータを提供します。ヒステリシスは、機械部品の品質に起因する摩擦に関するデータを提供します。 

力-電流特性曲線は主に比例磁石で試験され、アクチュエータがある決められた電機子位置で電流範囲内で必要な力を加えているかどうかに関するデータを提供します。理想的な特性曲線には、動作点の周りの力と電流の間に線形関係があります。

IMG_0525

ケーブル絶縁試験

自動車の仕様に従ってケーブル絶縁の押し込み抵抗を試験するために、特別な圧縮試験が実行されます。ケーブルは固定具に配置され、ある決められたブレードによって負荷されます。ブレードとケーブルストランド間の電気的接触が測定され、testXpertによって表示される力-変位曲線に割り当てられます。
ワイヤー絶縁試験
トップ