ページコンテンツへ

エンジン関連コンポーネントの試験

使用される場所のため、エンジンと関連する部材は常に強い熱荷重と振動を受けており、適切に設計されていない場合は早期に壊れる要因となります。そのため、実際に受ける荷重での疲労試験が必要です。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:自動車 PDF 4 MB

エラストマーベアリングの試験

エラストマーベアリングはシャシーで頻繁に使用されます。継ぎ手の機能や同等化のアシスト、防振、ダンパーの役割を果たしています。これらのエラストマーベアリングは用途に応じて様々な試験方法があります。この例は1軸エラストマーベアリングの特性値測定です。

排気システム試験

排気システムは大変な負荷にさらされており、複雑な部材構造は熱荷重、振動、そして腐食媒体の影響を受けています。これらのシステムには多くのセンシティブな部材が含まれています、例えば触媒コンバーター、センサー類、エレクトロ二クス等。ツビックローエルはこれらの試験に多くのソリューションを提供しています。この例は排気システムを油圧サーボ試験機を用い2軸で試験を行っています。

触媒コンバーターマットの試験

この試験の目的は高温下における触媒コンバーターマットの剛性と摩擦係数を測定する事です。この装置には1050℃まで温度を上昇させる事が可能な圧縮プレートが装着されています。金属のプレートで2層に遮断された材料を圧縮プレートで挟んでクランプします。次に圧縮プレートを昇温させ縦方向に荷重をかけていきます。上下圧縮プレート間の距離を精度±5 μmのレーザー伸び計を使い測定します。オプションで2番目の試験軸を設定する事で、層間の金属のプレートを水平方向に引抜く事が出来ます。この引抜く時に必要な力を温度と紐付けをした摩擦係数に変換しています。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top